コース案内

タケエイエコパークゴルフ大木戸は面積約35,000m2で本州最大級。パークゴルフ発祥の地、北海道を思わせるような広々とした開放感あふれるコースです。1年を通して緑の芝でプレーを楽しめます。
4つのコースはどれもアンジュレーション豊かで、攻略法を変えて何度でも楽しめます。平坦なコースではもう満足できない方、北海道のようにのびのびとしたプレーを楽しみたい方にお勧めです。
青空の下、そよ風薫る緑の丘で、ご夫婦やご家族、お仲間とのプレーをぜひお楽しみ下さい。

パークゴルフ大木戸コース全体について

自然豊かな、ゆったりとした敷地に陽だまりコース(9ホール)、わか葉コース(9ホール)、そよ風コース(9ホール)、せせらぎコース(9ホール)の全36コースと首都圏最大級の規模を誇ります。せせらぎコースには、大きな修景池もレイアウトされています。

 

陽だまりコース
No. m Par
1 100 5
2 40 3
3 40 3
4 79 4
5 35 3
6 48 4
7 70 4
8 48 4
9 40 3
TOTAL 500 33
わか葉コース
No. m Par
1 60 4
2 40 3
3 40 3
4 40 3
5 75 4
6 85 5
7 35 3
8 56 4
9 68 4
TOTAL 500 33
そよ風コース
No. m Par
1 41 4
2 32 3
3 59 4
4 73 4
5 41 4
6 25 3
7 65 4
8 49 4
9 35 3
TOTAL 420 33
せせらぎコース
No. m Par
1 100 5
2 37 3
3 45 4
4 42 4
5 30 3
6 40 3
7 51 4
8 32 3
9 73 4
TOTAL 450 33

陽だまりコース

外周の森林沿いにプレーが展開する、距離500mのロングコース。各ホール右サイドに森林と、造形美をも演出する起伏あるマウンドが連なり、ショットの方向性が最も重要視されるコースです。当コース最長100mのロングホール1番では、プレーヤーの実力に合わせ、左右両サイドに展開するマウンドをターゲットに設定し、フルショットで攻略することが必要で、初めての方は、フェアウエーセンターをランで攻めていくことが得策です。
4番ミドルドッグレッグホールでは、第一打をいかに正確な位置に止めるかがスコアーメイクのポイントであり、ギャンブルはリスクが大きいホールです。

わか葉コース

全体的にフラットで緩やかなアンジュレーションの中で展開する、距離500mのロングコース。コース最難関ホールは6番の打ち上げミドルホールです。一打目のターゲットはグリーン奥のサクラが目標木となりますが、ホール左サイドはすべてOBであり、グリーンオーバーすると同様にOBゾーンが待ち受けています。打ち上げホールのショットの強弱と方向性を同時に要求される難関ホールです。

そよ風コース

森に向かってプレーヤーが吸い込まれていくような、上質な景観の中で展開する、距離420mの上・中級者コース。周辺樹林の描くスカイラインと、マウンドのアンジュレーションが織り成す造形美が、そよ風と共に、プレーヤーと自然との一体感を演出し、心を豊かに満たします。特に8番、9番ホールでは、空間閉塞度が低い開放感から、まるで、頂でプレーをしているような気分を堪能できるスリリングなホールとなっています。

せせらぎコース

巧みにデザインされた修景池が、プレーヤーの攻略意欲をかき立てる、当パークゴルフ場最難関の距離450mの戦略的コース。1番ロングホールでは、左サイドに池が連続し、右サイドは絶妙なアンジュレーションで織り成すマウンドが迫り来る難関ホールです。バーディーを取ることは至難の業であり、プレーヤーの緊張感はピークに達します。
修景池に絡みつく各ホールでは、ピンポジションにより全く違った攻め方を要求され、全てのホールで、ティーショットの際には、明確な攻略法をイメージしなければなりません。
特に5番ホールの池越えショットは究極のテクニックを要求されます。

ページの上部へ戻る

予約申し込み

月例杯情報

スポンサー企業

  

リンク

日本パークゴルフ協会

パークゴルフの専門店eパーク